ぶらりらいぶらり:長崎大学図書館ブログ

長崎大学附属図書館からお届けするブログです。 ぶらり、ぶらりと図書館へどうぞ。

OPACで図書館、のぞけます。

「図書館には、どんな本があるのかな?」
気になっているけど、なかなか図書館に行けない…という人へ。
OPACを使って、図書館に置いてある本をのぞいてみませんか?

OPACとは、利用したい資料が図書館にあるかどうかを検索できるシステムです。
長崎大学附属図書館OPAC↓↓
https://opac.lb.nagasaki-u.ac.jp/opc/

まずは、図書館に新しく入ってきた本をチェック!
日付ごとに表示されます!

 

次に、各コーナーに置いてある本はここからチェック!
例えば、学生選書コーナーを見てみましょう!

 

「心理学に興味がある!」など、キーワードが決まっている時はココで検索!
本の情報をクリックすると出てくる類似資料も要チェックです!
思いがけない本に出会えるかも?!

 

「借りたい本があるけど、最寄りのキャンパスの図書館にはない…」という人も大丈夫!
医学分館や経済学部分館にある本も、中央図書館で受け取れます(中央図書館の本を、医学分館や経済学部分館で受け取りも可能)。もちろん無料です!

借りたい本が借りられている場合は、予約することもできます!
http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/use/webserv/yoyaku/

実際に館内をぶらぶらしながら、本を選ぶのもとても楽しいですよ!
ぜひ時間を見つけて、気軽に図書館にお越しください!

 

図書館 de 図書パン!(経済学部分館)

経済学部分館 情報サロンにある軽食と飲み物の自販機に
新メニューが入りました!
その名も図書パン」!

さっそく買ってみましょう。
でてきたのは、ふんわり、まあるい素朴なパンです。

こちら、実は経済学部分館オリジナル
焼き印の「図書」は本学学生(教育学部2年生)の書で、
パン制作は社会福祉法人ゆうわ会様、
販売を長崎大学生活協同組合様が担当という
大学と学生と業者のコラボ商品です。

中には、ほどよい甘さの「あん」がたっぷり。
甘いあんパンでリフレッシュしたら、名案(めいあん)も浮かぶかも?!
…という願掛けにもなっています。

図書館 de 図書パン、ぜひおためしください!

R39

desk lamp collection【医学分館】

夏至まであと一か月あまり、太陽が沈む時間がどんどん遅くなってきていますね。

 

医学分館では、館内照明の光が届きにくい窓際・壁際の机にスクランを設置しています。

実はこのデスクランプ、なぜかタイプがさまざまで、現在あるのは6種類。

今回は、そんなデスクランプを一挙にご紹介!

 

エントリーナンバー1番↓ (設置場所:2階閲覧席)

    

いたってシンプルな造りで、ライトの上にある銀色の部分に触れるだけでON/OFFが可能。

明るさも数段階調整できます。

 

エントリーナンバー2番↓ (設置場所:2階閲覧席、ラーニングコモンズ)

    

こちらは自立型のシンプルタイプ。日中など使わないときは、ライトの部分を畳むこともできます。

スマートでかさばらないのが魅力。

 

エントリーナンバー3番↓ (設置場所:2階閲覧席、ラーニングコモンズ)

    

2番と似たタイプですが、こちらはライト部分が大きく、光の届く範囲が広いです。

しかしその分、存在感があって若干の圧が。折り畳みも可能です。

 

エントリーナンバー4番↓ (設置場所:2階閲覧席)

    

こちらはちょっと年季の入った昭和感のあるライト。(経済学部分館からの頂きもの)

重厚な見た目ですが、スタンドの根元にコンセント差込口があるんです!

重要ポイントなのに、意外と気づかれてない。

 

エントリーナンバー5番↓ (設置場所:2階閲覧席、ラーニングコモンズ)

    

4番とほぼ同じタイプで、コンセント差込口もあります!

こちらの方がスマートなので、圧迫感は控えめです。

こちらも、存在に気づかれてない節があります…。

 

エントリーナンバー6番↓ (設置場所:2階閲覧席、ラーニングコモンズ)

    

満を持しての登場!最新型です。(当館比)

明るさ調節が数段階で可能なほか、白熱灯色or蛍光灯色で灯色タイプ変更もできます。

そして背面にはUSBポートも!

これは、気づかれなくてもしょうがない。

 

十人十色(六台六色?)、それぞれに長所があるデスクランプたち。

医学分館で、お気に入りを見つけてみませんか?

 

 

K.O

黒電話、使えますか?(中央図書館)

中央図書館のメディアルームに、1台の黒電話があります。

 

 

 

この電話は、生協設置プリンタ(兼コピー機)の不具合などが発生した時に、
中央図書館1階事務室にご連絡いただくために置いています。

先日、ガイダンスを受講した1年生(2人)に「使い方、知っていますか?」
とお聞きしてみたところ、お2人とも「知らない」とのこと…。
ということで、簡単に使い方をご説明いたします。

 

■事務室の「3166」に電話をかけたい時

 

1.上にかぶさっている受話器(電話のアイコンの絵によく使われる部分です)を
持ち上げる


2.(受話器をあげたまま)「3」の穴に指をかけて、金具(図の赤丸)に
あたるまで、時計回りに回す。


3.指をはなすと、ダイヤルが元の位置に戻るので、2の手順で同様に
「1」「6」「6」でダイヤルを回す。

 

  

生協設置プリンタのことで困ったことがありましたら、
上記の手順で「3166」にお電話ください。

 

S.U.

シラバス掲載図書について【経済学部分館】

シラバスに掲載されている図書を図書館で揃えてるって皆さんご存知ですか?

経済学部分館ではシラバスに掲載されている教科書や参考書を購入し、

シラバス図書のコーナーに配架しています。

2階書架の一番左側がシラバス図書のコーナーです。

シラバス図書にはほかの図書と区別するために背ラベルに黄緑色の丸いシールを貼っています。

シラバス図書の中には今では入手しづらい本もあります。

そんな時は図書館に所蔵がないかOPACで検索してみてください。

経済学部分館に所蔵がないシラバス図書はOPACから取寄せをすれば、

1~2日で貸出することができます。講義に持ってくるのを忘れたり、

買いそびれたりした時もシラバス図書をご活用ください。

 

福田

【連載第16回】フクロウ館長イチ推しの本

『80パターンで英語が止まらない! : ネイティブなら12歳までに覚える』

塚本亮著 (高橋書店, 2021.4)

英語は苦手だ。高校、大学、大学院とそれなりに勉強して、TOFEL試験も受けてカナダに留学した。でも、まったく話せなかった。留学の初日、マクドナルドでオーダーすると、金髪の女の子の店員が「は~?」と両手を広げ、店長を呼びに行った。僕の英語は通じない。情けなくなり店を出た。

 

この話は僕のネタにしているのだが、英語にまつわる失敗談はまだいくつもある。

最大の屈辱的なネタは、2年間の留学の終わりに来た。留学の2年間は、人生の中で最も勉強した。朝から病院で、むこうの医学生や研修医と病院実習をした。昼からは大学院で医学教育を学び、夜は英会話教室へ行った。寝る間を惜しんで勉強した、と自分自身に自慢して、英語もそこそこできると自信がついてきた。

 

留学の最後の思い出にと、家族と共に、カナダからアメリカへ車でドライブをした。数年前に教えた研修医が、ミシガンに留学したので会いに行った。ふたりの教え子に会い、ピザを食べ、ジャズを聴き、湖の見えるホテルに泊まり、気分は最高で、鼻歌を歌いながらカナダへと戻ろうとしていた。

 

カナダへの入国ゲートは、カナダ人なら車からパスポートを出してチェックされるだけだが、僕らは外国人だから何か聞かれるだろうとは思っていた。案の定、映画にでてくるようなスキンヘッドの腕が丸太のような入国審査官が、ボックスから身を乗り出して、僕のパスポートを見て何か早口でまくしたてた。まったくわからなかったが、練習していたセリフを棒読みした。

 

アメリカのミシガンに観光に行った。マリオットホテルに泊まった。煙草やお酒は買ってない。カナダはトロント大学の大学院生だ」

 

スキンヘッドは、「おまえ、何を言っているんだ?」という顔をして、アジア人の乗った車の中をなめるように見渡した。僕が何か言うと、お前は黙ってろと手で制しこう言った。

「Who can speak English?」                

すると、後部座席に座っていた8歳の僕の子供が手を上げて、スキンヘッドと何か話はじめた。早口でよくわからなかったが、最後にスキンヘッドが娘に、

「ボーイフレンドはいるのか?」

とニヤリとして言うと、8歳の娘がキャッキャッと声をあげた。その後スキンヘッドはもう行けと、僕を見ずに手で合図した。僕はゆっくりとアクセルを踏んだ。妻と二人の娘は過ぎ去ったハプニングを楽しそうに振り返っていたが、僕は怒りと情けなさと悔しさで、泣きそうであった。

「俺の今までの英語の勉強はなんだったのか???」

 

英語は勉強した方がいい、誰もがそう言う。当然だ。インターネットで使用されている言語は、英語26%、中国語20%、スペイン語7.9%……、日本語は8位、わずか2.6%。英語か中国語かスペイン語を学んだ方がいい。中国語やスペイン語はハードルが高いから、やっぱり英語となる。

 

どうやって勉強するのか?

本や新聞を読む、英会話のラジオを聞く、ネイティブスピーカーの話す教材を聞き流す、人が勧める勉強方法にいろいろ手を出した。最近はアプリやYouTubeで勉強することもできる。しかし、どれも続かないし、効果を実感しない。

 

結局のところ、目標がないと続かないと思う。英会話という点では挫折に終わった留学の後、僕には明確な目標がないから、ダメなのだろう。しかし、凝りもせずにまた本を買った。

 

本書は6歳、8歳、12歳でネイティブが話すフレーズを段階的にまとめている。非常に使いやすい。

 

<第1章01。許可を取るパターン。 Can I ~ ?(~してもいいですか?)>

 

確かにむこうの子供が言っていた。Can I have this? これもらっていいですか? こういうフレーズは日本人にはわかりにくい。これを持っていいですか?と訳す日本人が多いと思う。確かにこの80パターン覚えて何度も練習すれば、会話がある程度成り立つと思う。がんばってやってみるか…と、今のことろ思っている。

 

英語は勉強したほうがいいと、やっぱり僕も思う。ただ、英語は単なる道具であるので、「英語を勉強するため」に英語を勉強するのではなく、「外国人とオンラインゲームをするため」に英語を勉強する、「英語のツイッターを始めるため」に英語を勉強する、「料理の英語動画をあげるため」に勉強する、など具体的な目的を持った方がいいと思う。そういう僕は、さて、何を目的とするか…、そう考えながらこの本のページをめくっている。ホッホッホホ~。また、次回。

 

 

▼所蔵情報

opac.lb.nagasaki-u.ac.jp

 

【黒にゃんこ司書のつぶやき】

こんにゃちは!黒にゃんこ司書です。英語の学習法、みなさんどうしていますか? 図書館のカウンターでたまに留学生の方とお話しすることがありますが、こちらの拙い英語でもコミュニケーションをとり何とか案内ができた時、伝わった~とうれしい気持ちとともに英語ヤバイ、どうにかしなくては・・・という焦りも感じます。最近はスマホの翻訳アプリに頼りだして、不勉強さに拍車がかかってきているのですが。それじゃまたにゃ~♪

シラバス図書あります【医学分館】

図書館にはシラバスに掲載されている図書もちゃんと入っていること、知っていますか?

当たり前のようですが、今回は改めて【医学分館のシラバス図書】のことを紹介したいと思います。

どうでしょう、このラインナップ。王道 オブ 王道 の本たち。さすがですね。これらは医学分館に所蔵しているシラバス図書のごく一部です。

 

医学分館では、利用が多いと思われる医学科、保健学科、歯学部、薬学部、及び医歯薬学総合研究科、TMGHのシラバスに掲載されている図書を購入し、シラバス図書と分かるように表示して棚に置いています。

こんな感じでシールを貼っています

年度毎にシールの色を変えています。年度の違いに注意しましょう。

シラバス図書が図書館にあると思うと、なんだか安心感がありませんか?

また医学分館では借りられることが多い図書は、1冊を「リザーブ図書」として常に図書館に置いています。

例えばこちら

右側が「リザーブ図書」です。

近寄ってみるとこんな感じです。

左側の本は貸出ができる本です。右側はリザーブ図書で貸出はできません。

右側の本に付けている赤い丸の「禁帯出」シールは「貸出できません」という意味です。借りる本を探しているときは注意してくださいね。

 

図書館のシラバス図書も是非勉強に役立ててください。沢山の利用をお待ちしています。

 

MJ