ぶらりらいぶらり:長崎大学図書館ブログ

長崎大学附属図書館からお届けするブログです。 ぶらり、ぶらりと図書館へどうぞ。

軽雑誌アンケート実施中!@経済学部分館

皆さんは経済学部分館に軽雑誌コーナーがあることをご存知ですか?
軽雑誌コーナーには、ファッション趣味・カルチャーなどの雑誌がたくさん置いてあります。

f:id:nulib:20171206103521j:plain
(場所はカウンター向かって左)


そして、ただいま経済学部分館では「軽雑誌についてのアンケート」を行っています!

f:id:nulib:20171206103532j:plain

アンケートは2種類あって…

①現在購読中で今後も図書館に置いてほしい雑誌
②新しく図書館に置いてほしい雑誌

となっています。
アンケート結果は、今後購入する雑誌の参考にさせていただきます。


あなたの読みたい雑誌を図書館に置いてもらうチャンスです!
アンケートは出口のすぐ隣でやってるので、帰り際にペタッとシールを貼っていってくださいね!
投票期間は12月1日~12月27日までです。


H76

3D人体解剖アトラス『Visible Body』が利用できるようになりました!【医学分館】

とうとう師走、2017年もあと一か月となりました。
街中がクリスマスイルミネーションで活気づく中、
医学分館は試験期に入った学生さんたちで活気づいています。

 

そんな必死に頑張る医歯薬系の学生・院生の皆さんに、新しいサービスのご案内です。
3D人体解剖アトラス『Visible Body』が、学内で利用可能となりました!

何それ!?今すぐ利用したい!という方は、こちらからどうぞ↓

http://ovidsp.ovid.com/ovidweb.cgi?T=JS&NEWS=n&PAGE=main&D=vbpp17

 

図書館ホームページから入る場合は、まず「データベース」をクリック。

f:id:nulib:20171205091141j:plain

データベースのメニューバーから「医学系その他」を選択してください。

f:id:nulib:20171205091202j:plain

4つめのバナーが「Visible Body」です。(※骨格が見える人の顔が目印)

f:id:nulib:20171205091230j:plain

 

『Visible Body』の利用可能プログラムは、以下の5つです。
Human Anatomy Atlas : 3Dによる人体解剖学習ツール
Physiology Animations : 生理学と病理の基本的概要を示すアニメーション集
Muscle Premium : 筋肉に特化した3Dモデルや情報ツール
Skeleton Premium : 骨格解剖学の3Dモデル・骨解剖学と病理学の解説ギャラリー
Heart & Circulatory Premium : 心臓及び循環器系の3Dモデル・解説ギャラリー

医学の専門知識がない図書館スタッフでも、使い勝手がよさそう!と感じております。
マウスで360°動かせる人体3Dモデルはなかなか楽しいですし、
臓器や神経系統などの部位を自由に追加・削除ができるなど、附属機能が盛りだくさんです。
関連項目のクイズやテストバンクもありますよ。

試験勉強の強い味方になるかもしれません。
アクセス制限はないので、ぜひ試してみてください♪

 

さらに、学外からのリモートアクセスもOKです!
上記バナーの横にある「学外から利用する」から、長大ID・パスワードでログインしてください。

電子リソースリストの出版社・学会の項目より「Ovid」を選び、
Ovidのトップページ上部にある「Visible Body」から利用できます。

f:id:nulib:20171205091254j:plain

さらにさらに!なんと……モバイルへのダウンロードも可能なのです!!
学外持ち出し可能期間は150日間
個人端末にインストールすれば、臨床実習などにも携帯できます。
150日経過する前に学内Wi-Fiにつなげると、また150日利用できるという優れモノ☆
「Visible Body」バナーの下にあるダウンロードページへのリンクから入り、「買取(2017年版)」を選択してくださいね。
それは便利!今すぐインストールしたい!という方はこちらからどうぞ↓

http://demo.ovid.com/training/ja/vb/#tab-4

 

もちろん、医歯薬系以外の方でも自由に利用できるサービスですので、興味がある方はどんどん使ってくださいね。

 

K.O

第56回展示「ブックシアターへようこそ」

今年最後の展示は、「ブックシアターへようこそ」
これまでに映画化された本特集です。

f:id:nulib:20171201162043j:plain

第56回展示「ブックシアターへようこそ」 
期 間: 2017年12月1日(金)~
場 所: 中央図書館2階 展示コーナー
http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/use/tenji/tenji_56/
--------------------------------------------------------------------

現在公開中の人気作から、少し前に映画化されて話題になった本、
長崎が舞台になった馴染みの深い本まで、幅広く集めました。

「映画は観たけど、原作は読んでいない」という人は、
この機会に、ぜひ原作本を読んでみませんか?

原作には、映画では描かれなかった細かな心理描写
隠れたエピソードなど原作ならではの良さがたくさん詰まっていますよ。

もちろん、「映画も観ていないし、小説も読んでいない」という人にもおすすめです。

お気に入りの1冊を見つけたら、今度は映像作品にもチャレンジしてください。
音楽と映像が融合することで、さらに感動的になりますし、
原作とラストの展開が変わっている場合も多いので、2倍楽しめますよ。

中央図書館で所蔵しているDVDは一緒に配架しています。
館内のAVコーナーで視聴可能ですので、ぜひご覧ください。

今年も残すところ1ヶ月。
素敵な本に出会えますように☆彡

「仕事」を知る本、展示してます@経済学部分館

黄色いイチョウ、真っ赤なもみじがまぶしい程の片淵キャンパスより、展示図書のお知らせです。

f:id:nulib:20171130193454j:plain

経済学部分館では、現在「仕事」をテーマに、館内三か所で展示をしています。

f:id:nulib:20171130193538j:plain

まず、1階・コピー機横のブックトラックでは、
就活の現実、そして入社を控えた皆さんへ』と題し、
「就活」と「仕事」の現実を追体験できそうな本を紹介しています。
ビジネスマナーや敬語に関する本もありますので、来春就職する学生さん、必読ですよ!

1F特設コーナーで紹介しているのは、『いろんな仕事・これからの働き方』。

f:id:nulib:20171130193631j:plain

各界で活躍する方たちの仕事ぶりから「働くって楽しいことなんだ」ということを実感してもらえれば!
また、AI時代の働き方や、ワーク・ライフ・バランスについて書かれた本も紹介しています。どんな仕事をするかに加え、自分にとってのベストな働き方を考えるきっかけとなるはずです。

そして、2階特設コーナーで紹介しているのは『プロから学ぶ仕事術』。

f:id:nulib:20171130193722j:plain

各界のプロはいかなる思いで仕事に向き合い、第一線で活躍するまでになったのか?
熱い大人たちの仕事論・仕事術、そして彼らの生き様にどうか触れてください☆

★「ブクログ」では、どの本を展示しているかを一目で見ることができます。
各展示ごとに「カテゴリ」を分けていますので「カテゴリ」から見たい本棚をお選びください。

Y58

 

拡大読書器入りました

「真理がわれらを自由にする」は国会図書館の理念として有名ですが、知と自由は図書館と切り離せないもの。誰もが自由に快適に、情報にアクセスできる環境を作ることは、図書館の理想であり、課題です。

というわけで、

情報にアクセスするための障害を取り除くバリアフリーの小さな試みとして、図書館に拡大読書器と筆談器を導入しました。

f:id:nulib:20171128110251j:plain

 

拡大読書器は字を大きくするのみならず、背景やフォントの色も変えられるすぐれもので、障がい学生支援室より貸与していただきました。中央図書館2F閲覧室に10月から設置しています。

 

図書を読書器のテーブルに置くだけでf:id:nulib:20171128110629j:plain

字が大きくなります

f:id:nulib:20171128110920j:plain

色も変えられます

f:id:nulib:20171128111143j:plain

 

こちらは携帯型の拡大読書器。閲覧室の好きな席に持っていって使えます。機器は小さいですが、字はしっかり大きくなり、色も変えられます。

f:id:nulib:20171128115200j:plainf:id:nulib:20171128115323j:plain

 

拡大読書器のご利用申込はカウンターで受付しております。
視力等の問題で、資料が読みにくいという方は、お気軽にお声がけください。

 

耳が聞こえにくいという方とのコミュニケーションのためにも・・・

f:id:nulib:20171128115551j:plain

ささやかですが、筆談器をカウンターに備えております。

f:id:nulib:20171128115707j:plain

紙とペンでもいいんじゃないの?と思われそうですが(笑)・・・
背後からざっとひとなですれば、すぐ消せて、また書けるのが便利です。

小さな1歩ですが、利用者と資料の自由なアクセスが少しでも向上しますように。

 

 

【ギャラリー展示】東北へ行こう〈中央図書館〉

東日本大震災学生支援団体【長崎Sip-St】のみなさんによるボランティア活動の記録が、現在中央図書館1階ギャラリーにて絶賛展示中です。

 

f:id:nulib:20171121111935j:plain

 

東日本大震災学生支援団体【長崎Sip-St】とは?

東日本大震災の翌日に発足された学生による被災地支援団体。

以降7年間、毎年東北へと赴き、ボランティア活動に取り組んでいる。

現在27名(長大24名・シーボルト大2名・活水大1名)が参加中。

 

▽期間:11/16(木)~30(木) ※最終日は18:00まで

 

東北へのメッセージも募集しています。

 

f:id:nulib:20171121111953j:plain

 

学生ならではの意欲・発想力・行動力を活かしたボランティア活動の記録を、みなさんもぜひ、ご観覧ください。

 

 

 

m.o

 

Library Lovers' Nagasaki 2017 終了

Library Lovers' Nagasaki 2017 が終了しました。
参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

今年の合同企画「英語でチャレンジ!ラリーはどこ!?」
はいかがだったでしょうか?

今年は第2回ということで、昨年大好評だった脱出ゲームをさらにパワーアップさせて、
問題文をすべて英語にするというチャレンジをしました。
これには、学生の皆さんの英語力向上!というねらいもあったのですが、
あちらこちらで、「むずかしかった!」という意見が多く聞かれたのは、
英語だったからでしょうか?それとも問題そのものが難しかったのでしょうか??

長崎大学のクリア者数は、
中央図書館90名医学分館9名経済学部分館12名
3館あわせて111名でした。

そして、ゲームに参加してくれた学生の数は、
把握できただけで、371名。
昨年よりも50名ほど増えました!!!!

難しい英語の問題に果敢にチャレンジしてくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

ちなみに、行方不明だったラリーの居場所は、
賞品のクリアファイルを受け取られた方は、もうご存知だと思いますが・・・

新キャラクターである「ひめ課長」のお膝の上でした♪

f:id:nulib:20171117130628p:plain

この「ひめ課長は」、キャンペーンキャラクターである「でじまくん」の直属の上司で、
平戸出身のやんごとない身の上という設定です。「ごきげんよう」が決まり文句で、
年齢不詳の可愛い「ひめ課長」を今後ともよろしくお願いします。

f:id:nulib:20171117130838p:plain

その他、今回英語の問題を出題した2人の留学生(テオとキャサリンなど
Library Lovers' キャンペーンで登場した全てのキャラクターはこちら。

f:id:nulib:20171117130619p:plain

2017年のLibrary Lovers' キャンペーンは終了しましたが、
これからも、皆さんが楽しめるようなイベントや企画を

たくさん考えていきたいと思いますので、
今後とも附属図書館をよろしくお願いします!

Library Lovers' Nagasaki ホームページ
http://libraryloversnagasaki.blog.jp/

A