読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらりらいぶらり:長崎大学図書館ブログ

長崎大学附属図書館からお届けするブログです。 ぶらり、ぶらりと図書館へどうぞ。

ビブリオバトル in 長崎大学(11/6)開催報告

去る11月6日、記念すべき第1回目のビブリオバトル in 長崎大学

開催されました!

 

参加したバトラー(発表者)は4名。

 

当初は学生4名での戦いとなるはずでしたが、

2名が体調不良で無念の欠場となり、

急遽、職員2名が参戦してのバトルとなりました。

 

観覧者としては、長崎ウエスレヤン大学の職員の方と学生さんにも

お越しいただきました。ありがとうございます!

 

今回のテーマはLibrary Lovers'の合同企画に絡めて、

私が衝撃を受けた本」!

 

発表順をくじで決め、いよいよバトルが始まります。

 f:id:nulib:20160628155923j:plain

 

 バトラーと、紹介された本のタイトルはこちら。

 

************************************

・松尾知弥さん(教育学部1年)

 「ぼくのメジャースプーン (辻村深月 著)」

 

・後藤史彦さん(学術情報部)

 「銀河英雄伝説 (田中芳樹 著)」

 

・橋田香織さん(学術情報部)

 「怖い絵 (中野京子 著)」

 

・山本剛毅さん(経済学部2年)

 「ボッコちゃん (星新一 著)」

 

(※発表順)

************************************

 

持ち時間5分(長くても短くても駄目)をいかに上手に使って

本の魅力を伝えられるか、というのがこのバトルの見所なのですが、

時間制限に苦戦しながらも、皆さん熱く語ってくれました。

 f:id:nulib:20160628155951j:plain

 

発表時間の後は、2~3分の質疑応答の時間。

観覧者からの質問にバトラーが答えていくことで、

さらに本の魅力が伝わってきます。

 f:id:nulib:20160628160019j:plain

 

また、今回はゲストバトラーとして、経済学部の大倉真人先生にも

ご登壇いただきました!

2年生対象の基礎ゼミにて大倉先生が「ビブリオバトル」を

取り入れていらっしゃることを知り、今回のご参加をお願いしたところ、

快くOKをいただけたことで実現しました。

 

紹介された本は堺屋太一著「巨いなる企て(上・下)」

そのご発表内容は流石!としか言えず、5分ぴったりに先生が発表を

終わらせたときには、会場から「おお~!」という声と拍手が沸き起こりました。

(それぐらい、5分ぴったりで話すのは難しいのです!)

 f:id:nulib:20160628160048j:plain

 

ご発表の後には基礎ゼミの授業内容についてもご説明いただき、

職員としても興味深いお話を伺う事ができました。

 

そして!

いよいよ投票による『チャンプ本』の決定です!

栄えある第1回「ビブリオバトル in 長崎大学」の

『チャンプ本』に選ばれたのは・・・

 

松尾知弥さんが紹介してくれた、「ぼくのメジャースプーン」です!

おめでとうございます!

 

松尾さんには、大倉先生より「図書カード2,000円分」が贈呈されました。

 f:id:nulib:20160628160124j:plain

 

その後、大倉先生より「総評」をいただき、無事、終了となりました。

バトラー、観覧者としてご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

S.U.