読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらりらいぶらり:長崎大学図書館ブログ

長崎大学附属図書館からお届けするブログです。 ぶらり、ぶらりと図書館へどうぞ。

リポジトリ17000件達成です!

長崎大学リポジトリ:NAOSITEに登録された

コンテンツの件数が17000件を突破しました!

f:id:nulib:20160804093423j:plain

※NAOSITEとは、長崎大学所属の方々の研究成果を集めているデータベースです。

 詳しくはこちらから。

 

 

前回、16000件達成のご報告をしたのが去年の5月でした。

私が図書館に来たのが去年の9月なのですが、

そこから数えても800件ほどの登録をしてきたことになります。

毎日の積み重ねがこうして数字になって現れると

さすがに感慨深いものがありますね。

 

記念すべき17000件目の論文は、

医歯薬学総合研究科の 澤瀬 隆 先生の論文です。

澤瀬先生には、17,000件によせてのコメントも頂いています。

 

また、今回の1000件の内訳は

 

長崎大学の紀要論文 158件

・ 外国の学術雑誌論文 252件

・ 国内の学術雑誌論文 448件

・ 学会などの発表論文 89件

学位論文本文 18件

・ その他(教材や報告書など) 35件   という内容です。

 

 

前回と比較して、まず目に付くのは

「外国雑誌」の割合が大きく増えたことかと思います。

 

思えば私が図書館に来てからというもの

先生方に提供いただいた論文の著作権調査で、毎日

苦手な英語で書かれた出版社のホームページばかり見ていた気がします…

 

また、論文と比べると少数ですが、

「発表資料」や、「その他」の割合も増えていました。

 

ここでの「発表資料」とは、先生方が学会などで発表された際の資料です。

先日長崎大学で行われた、ナノダイナミクス国際シンポジウム2010の資料などを登録しました。

 

論文以外の、「その他」の中で面白かったのは、

教育学部の長島雅裕先生からご寄贈いただいた教材です。

「情報社会と科学」という講義のスライドなのですが、

血液型性格判断マイナスイオンといった

いわゆるニセ科学を題材にされた、非常にユニークな資料でした。

 

こうしたリポジトリならでは・長崎大学ならではの資料

もっと増やしていければと考えています。

 

次回の18000件はどういった資料が増えているのか、

先生方のご協力をいただきながら、少しづつ積み重ねていきたいと思います。

 

これからも長崎大学リポジトリ:NAOSITE

どうぞよろしくお願いいたします。

 

S・S